PR

 Windows Azureの新しい割引プランが発表されました。6カ月あるいは12カ月といった継続利用を前提に最大32%の割引が受けられます。また、8月に発表されたモバイルデバイス向けのアプリケーションプラットフォームが新たにiOSとAndroidに対応しました。

継続利用を約束するコミットメントプランで最大32%割引に

[画像のクリックで拡大表示]

 2012年9月27日、Windows Azureを6カ月/12カ月継続して、月々一定以上の利用を約束するコミットメントプランで、ボリュームディスカウント割引が更新されました。

 月々4万3700円以上を利用する場合は、従量課金料金の20~27%となり、さらに(1)プリペイド(先払い)で支払うと2.5%割引、(2)12カ月コミットメントのには6カ月コミットメントより2.5%割引となり、合計で最大32%の割引となります。

●関連情報
Taking the Fear Out of Commitment; New Offer For the Way You Build in The Cloud](Windows Azureチームのブログ)
Pricing : Purchase Options](windowsazure.com)

Mobile servicesのSDKをOSS公開、iOS/Androidにも対応

[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 8や各種スマートフォン向けのアプリケーションを容易に作成できるプラットフォームとして「Windows Azure Mobile Services」がプレビュー公開されています(関連記事)。

 2012年9月20日、このWindows Azure Mobile Servicesのアプリケーション開発キットである「Windows Azure Mobile Services SDK」がGitHubで公開され、オープンソースライセンスとして利用できるようになりました。また、iOSおよびAndroid対応がパートナーのXamarin社によって進められており、GitHubでiOS版SDKとAndroid版SDKおよびとサンプルが公開されています。

 なお、2012年8月更新版の「Windows Azure Training Kit」として公開されている、トレーニングコンテンツなども、日本語を含む多国語対応となって公開されています。ここには、Windows Azure Mobile Servicesの概要、Windows 8向けWindowsストアアプリのテンプレートの利用方法、Live Connectを利用したプッシュ型通知およびユーザー認証の機能追加などが含まれています。

●関連情報
Windows Azure Mobile Services](GitHub)
Windows Azure Mobile Services(iOS/Android向け)](GitHub)
Windows Azure Training Kit JP](GitHub)
Announcing Open Sourcing of Windows Azure Mobile Services SDK on GitHub, and Partnership with Xamarin](Windows Azureチームのブログ)
Xamarin partners with Microsoft to support Windows Azure Mobile Services on Android and iOS](Xamarinのブログ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い