PR

パシフィコ横浜で開催された「Smart City Week 2012」
パシフィコ横浜で開催された「Smart City Week 2012」
[画像のクリックで拡大表示]

 横浜市のパシフィコ横浜で10月29日から11月2日まで、スマートシティをテーマにした国際会議・展示会「Smart City Week 2012」が開催された。

 環境対応と持続的な成長の両立を図るなかで、その経済的な基盤になるのが都市だ。これからの都市は、より上質な暮らしを、より低コストで実現することを求める。そのためには、都市のイノベーション、すなわち“スマート化”が不可欠であり、その実現手段となるITへの期待が高まっている。具体的には、ビッグデータやセンサーネット/M2Mなどである。

国際会議で講演する米ニューオリンズ市のCIO、Allen Square, Jr.氏
国際会議で講演する米ニューオリンズ市のCIO、Allen Square, Jr.氏
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートシティづくりは、これまでの実証段階を終え、より具体的・現実的なプロジェクトへとステップアップしている。それを受け「Smart City Week 2012」では、ビジネスモデルの確立を主要テーマの一つに掲げている。国内外の先進都市の講師が、それぞれの知見を語る国際会議と、スマートシティ関連製品/サービスの最前線が分かる展示会、および数々の専門セミナーや自治体主催セミナーが開かれた。

 国際会議では、米ニューオリンズ市のCIO(最高情報責任者)や、ブラジルのリオデジャネイロで「Intelligent Oparations Center(IOC)」の実現を支援した米IBMのエンジニアなど、IT分野からの講演も相次いだ。グローバルには、ビッグデータやITをテコにスマートシティづくりが進んでいることを印象づけた。

北九州市によるCEMSの展示
北九州市によるCEMSの展示
[画像のクリックで拡大表示]

 展示会場では、BEMS(ビル・エネルギー・マネジメント・システム)やCEMS(地域エネルギー・マネジメント・システム)といったマネジメントシステムの出展が目立ってきた。これらにHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)などを組み合わせた国内でのスマートシティ/スマートホームづくりなども展示された。

Smart City Week 2012の国際会議から

Smart City Week 2012展示会での注目システム

スマートシティをめぐる「記者の眼」