PR

 今週掲載した緊急特集「みずほ、復活への再挑戦」では、みずほフィナンシャルグループが進めている勘定系システムの全面刷新・統合プロジェクトを取り上げた。

 同プロジェクトは、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行の勘定系システムを統合・刷新するというもので、世界でも類を見ない大規模プロジェクトとなる。

 新システムは2015年度から順次、稼働を始める予定で、2012年4月から2013年3月までは要件定義、2013年4月から設計・コーディングに取り掛かることになっている。ピーク時の開発要員は8000人に達する見込みで、富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータに分割発注するマルチベンダーの開発体制となる。

 以下、全面刷新プロジェクトの緊急特集とともに、2011年3月にみずほ銀行で発生した大規模システム障害の全貌、さらに障害発生以降のみずほフィナンシャルグループにおける組織・ITガバナンスの立て直し、金融庁の対応などの関連ニュースを紹介する。

緊急特集:みずほ復活への再挑戦

2011年3月に発生したシステム障害の全貌

障害発生後の組織・ITガバナンスの立て直し

金融庁の対応

関連コラム