PR

 米Hewlett-Packard社(HP)のモバイル端末向けLinuxディストリビューション「webOS」のオープンソース版が2012年8月末に公開された。昨年12月にオープンソース化を宣言して以来、約8カ月が経過。バージョン1.0の「Open webOS」ベータ版を「GitHub」で配布している。早速Ubuntuでのビルドを試した。

 米HPは公開したソースコードと合わせて、32ビット版Ubuntu向けのビルド用シェルスクリプトを提供している。GitHubから同スクリプトをダウンロードして実行するだけで、Ubuntu上で動作するOpen webOSをビルドできる(図1)。

図1 webOSバージョン1.0ベータ版の主な画面
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、ビルドに必要なライブラリをインストールする。UbuntuのDashで「term」と検索して「端末」を起動し、図2を実行する。

図2 Ubuntu 12.04 LTS(32ビット版)でビルド環境を構築
手順は「https://github.com/openwebos/build-desktop」で随時更新されている。
[画像のクリックで拡大表示]