PR

 Windowsストア アプリの開発に必要なものは、オペレーティングシステムであるWindows 8と、開発ツールのVisual Studio 2012、そしてそれらを動かすためのパソコンです。

ストア アプリ開発は大きく3パターン

 Windowsストア アプリのプログラミングで使えるAPIは、どのプログラミング言語を使うかによって大きく三つに分けられます(表1*6。Visual BasicまたはC#で使えるAPIは、「Windows API for Windows Store apps」「Live Connect API」「.NET for Windows Storeapps」の三つです。

表1●Windowsストア アプリの開発では、言語によって利用できるAP(I Application Programming Interface)が異なる
表1●Windowsストア アプリの開発では、言語によって利用できるAP(I Application Programming Interface)が異なる

 Windows API for Windows Store apps(以下Store API)は、Windows 8で追加された新APIで、名前空間は図7のようになっています。ただ、WinJS 以下の名前空間にある機能は、JavaScriptで使うためのもので、Visual BasicとC#では(少なくとも初期状態では)利用できません。

図7●「Windows API for Windows Store apps」の名前空間
図7●「Windows API for Windows Store apps」の名前空間
[画像のクリックで拡大表示]

 Store API は、Win32 API や.NET APIを見慣れた目には、小規模でシンプルなものに感じられます。このAPIですべてをまかなうわけではないから、また、今後拡張していくものだからということでしょう。

 Live Connect API はMicrosoftが提供するサービス群を利用するためのAPIで、(1)JavaScript API、(2)マネージドAPI、(3)iOS API、(4)Android API の四つがあります。Visual BasicとC#で使うのはマネージドAPIで、「Microsoft.Live」「Microsoft.Live.Controls」という名前空間に認証やREST*7などの機能を搭載しています。