PR

 今秋に登場した新サーバーOS「Windows Server 2012」。注目を集めるWindows 8の陰に隠れがちだが、プロセッサ数やメモリー容量、ディスクやファイルシステム、ネットワークといったOSの基本機能が大幅に強化されている。これら新機能の多くは将来的には、クライアントのWindowsにも搭載されていく予定だ。未来のOSの姿を、いち早く理解しておこう。

 Windows Server 2012は、デスクトップのWindows 8と同じコードをベースにしている。そのため、ユーザーインタフェースはModern UI(旧Metro Style)をサポートしている。もちろん、Widnows 8で追加された新しいフレームワークWindows Runtime(WinRT)もサポートされている。

サーバー管理のほとんどはデスクトップ環境のまま

 サーバーOSを操作する上で、Modern UIは使いやすいとは言いがたい。実際、サーバー管理に使うためのModern UIベースのWindowsストアアプリはまったくく存在していない。運用管理に関するWindows Server 2012のほとんどの操作は、デスクトップ環境に切り替えてデスクトップ上のアプリケーションを使うことになる(図1)。

図1●Windows Server 2012では、Windows 8と同様にModern UIとデスクトップ環境が共存している<br>ほとんどの管理は、デスクトップ環境のサーバーマネージャーで実行できるため、多くの場合でModern UIを見る必要はないだろう。
図1●Windows Server 2012では、Windows 8と同様にModern UIとデスクトップ環境が共存している
ほとんどの管理は、デスクトップ環境のサーバーマネージャーで実行できるため、多くの場合でModern UIを見る必要はないだろう。
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、それぞれの管理作業をするためスタートボタンやメニューなどは、デスクトップに表示されていない。そのため、今までWindowsに慣れていた管理者は戸惑う恐れがある。

 今後、Modern UIベースでの管理用Windowsストアアプリが出てくる可能性は考えられる。だがそれでも、すべての管理機能をWindowsストアアプリで作成するのは難しい。もしかすると、デスクトップアプリケーションをWebサービス化し、Windowsストアアプリで呼び出すという形にして、ロジックをデスクトップアプリで、UIをWindowsストアアプリでという形になるかもしれない。

 Windowsストアアプリは、WinRTという新しいAPI上でHTML5/JavaScript、C#/VB.NET(.NET Framework)、C/C++などの言語を使ってプログラミングする(図2)。また、マイクロソフトのSystem Centerなどのシステム管理用のアプリケーションは、様々なAPIを公開している。System CenterのAPIをうまく利用すれば、サードパーティの管理ツールと組み合わせて、統合された管理アプリケーションが簡単に構築できる可能性がある。

図2●Windows 8/Windows Server 2012のアーキテクチャ<br>DirectXをベースとして、WinRT API上にWindowsストアアプリが構築されている。Windowsストアアプリ向けのプログラミング言語としては、HTML5/JavaScript、XAMLベースのC#やVB、C/C++などが利用可能。
図2●Windows 8/Windows Server 2012のアーキテクチャ
DirectXをベースとして、WinRT API上にWindowsストアアプリが構築されている。Windowsストアアプリ向けのプログラミング言語としては、HTML5/JavaScript、XAMLベースのC#やVB、C/C++などが利用可能。
[画像のクリックで拡大表示]