PR
日本IBM マーティン・イェッター 代表取締役社長

 私たちは今、コンピューティングの新たな時代を迎えている。デジタルデータの増加はとどまるところを知らず、瞬時に様々な情報源から大量のデータを統合し、分析し、迅速な意思決定を可能にするシステムや技術が求められている。テクノロジーは、素晴らしい可能性を秘めている。2013年の新年を迎えて、IBMの研究開発がさらにどのような実を結ぶかとても楽しみだ。

 当社は今後も、顧客の競争力強化に貢献する世界水準の卓越したソリューションを提供していく。デジタル化の進んだ市場環境に即した顧客中心の商取引を支援するスマーター・コマース、データを基にリスク最小化や的確な意思決定を支援するビジネス・アナリティクス、変化するビジネス環境への迅速、柔軟な対応を支援するクラウドコンピューティング、東北地方の復興を含め、行政や企業が進める地域経済活性化を支援するスマーター・シティーなどに注力していく。

 また、システム管理の複雑さを解消するPureSystems、基幹業務アプリケーション向けの効率的な稼働環境を実現するハイエンド・システムなどを提供していく。

 当社の先端技術とソリューション、そしてグローバルに統合された企業へと変革を遂げてきた自らの経験を基に、あらゆる規模、地域の顧客の国内外市場における成長と競争力強化を支援していく。