PR
EMCジャパン 山野 修 代表取締役社長

 2013年は、企業にとってより成熟したIT環境への下地を作る年となるだろう。モビリティを考慮した仮想化とクラウドサービスの普及や、ビッグデータ分析の必要性が高まることによって、インフラストラクチャーやバックアップ・リカバリー、セキュリティなど全てのIT基盤で変革が求められる。当社としても、情報インフラのリーディング・カンパニーとして活躍の場を一層広げられる年としたい。

 「TRANSFORM IT+BUSINESS+YOURSELF」をスローガンに、「クラウドでI T」を、「ビッグデータでビジネス」を、そして「自分自身」を変革 (Transform) できるよう、引き続き顧客を支援していく。2013年も事業分野としては、「ITトランスフォーメーション」、「ビッグデータ」、「トラスト」の三つを強化する。ストレージ関連製品へ適材適所でフラッシュディスクを採用する「Flash Everywhere」戦略の実践。クラウドコンピューティング/仮想化を強力に推進するためにヴイエムウェアおよびパートナーとの協力体制の強化。ビッグデータ分析パートナーとの連携、データサイエンティスト育成プログラムなどによるビッグデータの啓発活動なども引き続き行う。

 さらに、データセンター上のサーバー、ストレージ、ネットワーク、セキュリティを全てソフトウエアで定義する「Software Defined Data Center」の実現に向けた取り組みを積極的に進めていく。また、顧客によるハイブリッドクラウドの採用を推進するため、サービスプロバイダー向けのプログラムや営業体制の強化も進める。