PR
NTTコミュニケーションズ 有馬 彰 代表取締役社長

 世界経済の先行きが不透明感を増す中、企業においては、目まぐるしい市場環境の変化に対応するため、コスト競争力のさらなる強化はもちろん、新市場や成長分野へのリソース集中、BCPなど、攻めと守りの経営の舵取りが求められている。

 こうした中で、当社は、クラウドを活用した「グローバルトータルICTアウトソーシング」を提供し、顧客のICTシステムを全体最適化することで経営革新をサポートしていきたいと考えている。

 2011年10月に策定した新たなサービスビジョン「グローバルクラウドビジョン」の下、ネットワーク仮想化技術を活用した世界初のクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」やパブリッククラウド「Bizホスティング Cloudn」など新たなクラウドサービスを提供していくとともに、スムーズなクラウド移行をサポートするための「クラウドマイグレーションサービス」、さらにはクラウドを安心して利用してもらうための「Bizマネージドセキュリティサービス」などをグローバルに展開していく。

 また、これらのサービスを支えるネットワークやデータセンターといったグローバルICTインフラの強化・拡充を進めていく。さらに、昨今のスマートフォンやタブレットの急速な普及を背景に、私有端末の業務利用を実現するBYOD(Bring Your Own Device)ソリューションの事業展開を強化し、顧客の経営の効率化や働き方改革の推進に貢献する。本年も、当社グループの取り組みに期待してほしい。