PR


 2012年12月21日に、Windows Azureに関する多くのアップデートが発表されました。最も大きいのは、モバイルサービスで定期的な作業を自動運用する機能が大幅に強化された点です。そのほか、Webサイト、SQLサービス、メディアサービス、ストアなど、幅広い機能に関して強化が発表されています。

モバイルサービスがスケジュールジョブとコマンドラインツールに対応

[画像のクリックで拡大表示]

 2012年12月21日、Windows Azureモバイルサービスに、スケジュールジョブの機能が追加されました。これは、バックグラウンドで処理を実行するためのジョブを作成・自動実行する機能です。

 これにより、定期的なデータ整理・取得(古い情報や重複の削除、ツイートやRSSの収集、アップされた画像の圧縮)、定期的なプッシュ通知--といったジョブを、設定されたスケジュールで自動実行させることが可能になりました。これまでコンピューティングサービスのインスタンスなどを利用して実行していた処理をモバイルサービスで構成できるようになります。

 また、モバイルサービスの構成および管理にコマンドラインツールが利用可能になりました。マルチプラットフォーム向けコマンドラインツールである「Windows Azure CLI tool」を利用して、WindowsおよびMacからモバイルサービスにアクセスできます。

 なお、モバイルサービスをホストするデータセンターとして、これまでのEast US/West USに加えてNorth Europeが追加されています。

●関連情報
Updates to Windows Azure(Mobile, Web Sites, SQL Data Sync, ACS, Media, Store)](Scott Guthrieのブログ)
Schedule backend jobs in Mobile Services
azure-cli 0.6.9 ships, pure joy](Windows Azureチームのブログ)
WindowsAzure / azure-sdk-tools-xplat](GitHub)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い