PR
写真●韓国LGは有機ELテレビの2013年3月の北米発売を発表
写真●韓国LGは有機ELテレビの2013年3月の北米発売を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 現地時間2013年1月8日から11日まで、米国・ラスベガスで家電やデジタル機器の総合見本市「2013 International CES」が開催されている。2700以上の出展社が2万件以上の新製品を出展し、会期中の来場者数は15万人以上を見込む世界最大級の展示会である。

 テレビ/家電の分野では、ソニー、シャープ、東芝、韓国LGなどが、HDの4倍の画素数を誇る3840×2160ドットの「4K対応テレビ」を出展している。4Kテレビは80型以上の大型テレビが先行して製品化されているが、CESでは売れ筋となる50型から60型の4Kテレビ新製品が各社から発表されている。

 有機ELテレビでは、実用化で先行するLGが55型テレビを展示。2013年3月に価格1万2000ドルで、北米向けに発売する計画も明らかにした(写真)。このほかパナソニックが56型4K対応の有機ELディスプレイを参考出品しているが、こちらは量産計画や想定価格などは開示していない。

 プロセッサは、米Intel、米Qualcomm、米NVIDIAがUltrabookやスマートフォン/タブレット向けに低消費電力指向の新製品を発表。パソコンでは、レノボがテーブル型のタッチ操作対応パソコンやディスプレイ分離型のUltrabookなどの注目製品を数多く展示し、注目を集めている。

2013 International CESレポート