PR

 審査員の平野洋一郎氏(インフォテリア株式会社)は、「Pina賞」として、チーム「べんず」(渋谷修太氏、伊藤弘樹氏、桜井裕基氏)の「Otsukai」を表彰した。既婚女性が軽自動車で大型スーパーに買い物に行く場合を主なターゲットに、「買い物に行きたいけどなかなか行けない人」と「買い物に行くときに後部座席に余裕のある人」とをEvernote上の買い物リストでマッチングする、プライベート買い物代行の仲介サービス。買い物に行く人に対しては、クレジットカードのポイントや、まとめ買いで安くなる点などをインセンティブとして想定している。平野氏は「少子高齢化などの社会問題の解決にテクノロジーを使うところがすばらしい」と評した。

 副賞は、インフォテリアの上場記念に開店したバー「ワイン蔵」に受賞者を招き、平野氏と食事するというもの。上場したベンチャー企業の経営者である平野氏が、若い起業者である受賞者とじっくり語るというコンセプトだ。

 なお、3人はEvernoteにも出資しているイギリスのベンチャーキャピタル M8 Capitalが初めて日本で出資したベンチャー企業であるFULLERのメンバー。高専出身者が中心となって設立、つくば市の一軒家で共同生活をしながらアプリを開発するというユニークなスタイルでも知られる。チーム名の「べんず」は、技術・企画・デザインの3人が得意分野を「ベン図」のように重ねるというコンセプトから付けられた。

Pina賞を受賞したチーム「べんず」の「Otsukai」。個人間の買い物代行をEvernoteでマッチングさせるサービス
Pina賞を受賞したチーム「べんず」の「Otsukai」。個人間の買い物代行をEvernoteでマッチングさせるサービス
Pina賞を受賞したチーム「べんず」の「Otsukai」。個人間の買い物代行をEvernoteでマッチングさせるサービス
Pina賞を受賞したチーム「べんず」の「Otsukai」。個人間の買い物代行をEvernoteでマッチングさせるサービス
写真●Pina賞を受賞したチーム「べんず」の「Otsukai」。個人間の買い物代行をEvernoteでマッチングさせるサービス
[画像のクリックで拡大表示]

 参加者でもある日本交通社長の川鍋一朗氏は、「タクシー王子賞」として、チーム「くるみちゃん」(高木志宗氏、山添隆文氏、杉本達應氏)の「くるみちゃん」を表彰した。車の前後にタブレットを置いて状況に応じた顔イラストを表示することで、車線変更のときなどにほかの車とコミュニケーションをはかるというもの。タブレットで写真を撮り、EvernoteのOCR機能でナンバーを認識して、ペアリングしたりご当地ナンバーを集めたりというアイデアも披露された。

 賞品としては、川鍋一朗氏の著書『タクシー王子、東京を往く。』(サイン入り)や、タクシーチケットが贈呈された。遠方から参加したメンバーが会場で結成したチームであり、川鍋氏が「このチケットはできるだけ日本交通で使ってください」とユーモアで話すと、「石川や広島で使えますか?」とユーモアで返す一幕もあった。

タクシー王子賞を受賞したチーム「くるみちゃん」の「くるみちゃん」。車の前後のタブレットでほかの車とコミュニケーションをとる。発表では寸劇風に実演
タクシー王子賞を受賞したチーム「くるみちゃん」の「くるみちゃん」。車の前後のタブレットでほかの車とコミュニケーションをとる。発表では寸劇風に実演
タクシー王子賞を受賞したチーム「くるみちゃん」の「くるみちゃん」。車の前後のタブレットでほかの車とコミュニケーションをとる。発表では寸劇風に実演
タクシー王子賞を受賞したチーム「くるみちゃん」の「くるみちゃん」。車の前後のタブレットでほかの車とコミュニケーションをとる。発表では寸劇風に実演
写真●タクシー王子賞を受賞したチーム「くるみちゃん」の「くるみちゃん」。車の前後のタブレットでほかの車とコミュニケーションをとる。発表では寸劇風に実演
[画像のクリックで拡大表示]

 開催直前に決まったという「PFU賞」には、藤原敬弘氏の「Evernote for Enginerrs」が選ばれた。プログラム開発にEvernoteを使おう、というコンセプトで、エラーのログなどをEvernoteに溜めておくと後から役に立つという例を紹介。今回の成果として、コード共有サービスGitHubの画面にEvernote入力ダイアログを表示するChrome拡張をデモした。また、Terminalの入出力履歴や、作業中のGoogle検索履歴をEvernoteに記録する計画を発表した。

 藤原氏は、チーム「べんず」と同じFULLER株式会社のCTOであり、「今日はマネジメントを忘れてコードを書く」という理由で一人でチームを組んだという。Evernoteの佐藤氏は「その心意気と、エンジニア専用のツールを開発したこと」を理由として、Happy Hacking Keyboardの無刻印モデルを贈呈した。

PFU賞に選ばれた藤原敬弘氏の「Evernote for Enginerrs」。プログラム開発中の作業やメモなどをEvernoteに記録する
PFU賞に選ばれた藤原敬弘氏の「Evernote for Enginerrs」。プログラム開発中の作業やメモなどをEvernoteに記録する
PFU賞に選ばれた藤原敬弘氏の「Evernote for Enginerrs」。プログラム開発中の作業やメモなどをEvernoteに記録する
PFU賞に選ばれた藤原敬弘氏の「Evernote for Enginerrs」。プログラム開発中の作業やメモなどをEvernoteに記録する
写真●PFU賞に選ばれた藤原敬弘氏の「Evernote for Enginerrs」。プログラム開発中の作業やメモなどをEvernoteに記録する
[画像のクリックで拡大表示]