PR

 「これからの経営にITは無くてはならないもの」。経営トップは熱く期待を語るが、それを担うCIOやIT部門の立場は複雑だ。セキュリティーやらネットビジネスやら仕事が増えても、予算や人は増えない。ユーザー部門は勝手に自分たちに都合のいいシステムを作るが、その後のケアまで頭が回っていない。悩み多きCIOやIT担当者に、元ソニーCIOが格言を贈る。


          
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
  
  
 

長谷島 眞時(はせじま・しんじ)
ガートナー ジャパン エグゼクティブ プログラム グループ バイス プレジデント エグゼクティブ パートナー
元ソニーCIO
長谷島 眞時(はせじま・しんじ) 1976年 ソニー入社。ブロードバンド ネットワークセンター e-システムソリューション部門の部門長を経て、2004年にCIO (最高情報責任者) 兼ソニーグローバルソリューションズ代表取締役社長 CEOに就任。ビジネス・トランスフォーメーション/ISセンター長を経て、2008年6月ソニー業務執行役員シニアバイスプレジデントに就任した後、2012年2月に退任。2012年3月より現職。2012年9月号から12月号まで日経情報ストラテジーで「誰も言わないCIOの本音」を連載。