PR

スマートフォンのトラフィック対策として携帯各社が無線LANの取り組みを進める中、KDDIとソフトバンクモバイルが続々と強化策を投入している。中でも注目は両社が2012年11月に開始したSIMベースの認証「EAP-SIM/EAP-AKA」だ。これまで10秒近くかかっていたログイン時間が2~3秒に短縮され、セキュリティ面も向上する。

 EAP-SIM/EAP-AKAとは、有線ネットワーク認証の規格であるPPP(Point to Point Protocol)を拡張したEAP(Extensible Authentication Protocol)を使い、携帯電話のSIMカードを使って端末を認証する方式だ。ソフトバンクモバイルのように通常のSIMカードを利用するケースではEAP-SIM、KDDIのようにUSIMカードを使う場合はEAP-AKAと呼ぶが、認証手順はほぼ同じである。

 特徴は、これまでのWebベースや端末のアプリケーションベースの認証と比べて、ログイン時間が「2~3秒程度になる」(ソフトバンクモバイル)、「従来の手順から5~10秒程度短縮できる」(KDDI)点だ。ユーザーの無線LANの利便性向上を目指し、KDDIとソフトバンクモバイルが2012年11月に相次いで開始した(表1)。

表1●KDDIとソフトバンクモバイルが相次いで取り組む無線LANサービスの強化策
表1●KDDIとソフトバンクモバイルが相次いで取り組む無線LANサービスの強化策
[画像のクリックで拡大表示]