PR

 2012年2月9日から3日間、韓国ソウルで区役所・病院・国会・小学校・空港・地下鉄の情報化の実情と、車で2時間ほどの郊外の過疎村での情報化の実情を視察する機会を得た。

 びっくりするほど韓国のIT化は進んでいる。日本の状況と比べると、10年以上は進んでいるのではないか。日本にない技術があるわけではない。技術レベルにはあまり差はないが、ITを駆使して「サービス改革」を実現している点で大きく先んじている。

 行政、医療、教育、地域活性化など、従来のサービスを大きく変革するためにITを駆使している。その戦略性は明確で、国民にとって価値があるサービスを新たに創造しているところに目を見張った。

引っ越しの手続きは1回だけ

 国民には13桁の国民IDが設定されていて、インターネット経由で簡単に各種の手続きができる。

 例えば引っ越すとき、国民IDと暗証番号を入れてログインし、転出届のボタンを押す。すると本人の基本情報が表示され、同時に変更すべき7つの手続きを自動で処理してよいかを尋ねてくる。7つの手続きとは、警察庁管轄の運転免許証の住所変更や子供の転学処理、年金関係の住所変更などであり、それらが自動的に処理される。もちろん転入手続きも済む。

写真●空港や地下鉄の駅に設置された各種証明書の発行機
写真●空港や地下鉄の駅に設置された各種証明書の発行機
[画像のクリックで拡大表示]

 空港や病院、地下鉄の駅などには各種証明書の発行機が設置してある(写真)。国民IDを入力して親指で認証をすれば、住民票や卒業証明書など多くの証明書が取得できる。ガイド役の韓国の方が実際に住民票を印刷して見せてくれた。偽造防止の透かし印刷は日本の技術という。