PR

 レガシーマイグレーションの選択肢が広がっている。OSS(オープンソースソフトウエア)、クラウド、開発言語の自動変換などだ。従来手法よりも運用コストをより削減し、マイグレーションの効果を高める。これらの新たな手法を採用した先行ユーザーも登場している。企業は中長期的なビジネス目標に応じて、最適なレガシーマイグレーション選択を考えていく必要がある。