PR

 選択肢1は、マナーというより、セキュリティ上行ってはいけない行為です。会社から支給された携帯電話には、必ずロックをかけます。最近の携帯電話には、顧客の連絡先やその他の個人を特定できる情報が記録されており、漏えいにつながる危険性があるからです。

 他に持ち運びできるツールには、スマートフォンやノートパソコンがあります。こちらは携帯電話より多くの情報を記録しておけますので、パスワードやセキュリティソフトの定期的なアップロードなど、会社のルールに従って安全面を保つようにしましょう。

 選択肢2はビジネスパーソンとして誤った認識です。「定額だから会社に迷惑はかかならいだろう」ということではなく、そもそも会社の設備を業務以外の目的で使ってはいけないのです。会社の就業規則を確認してみてください。

 もちろん、別途料金が発生するにもかかわらず、平気で私用電話をかけたり有料コンテンツをダウンロードしたりする人は論外です。ダイレクトに会社へ不利益を与えていますので、行動を改めてください。

 選択肢3は、会社支給や私物云々の話ではありません。業務時間内に、仕事に集中していないことが問題です。

 あなたは会社に所属している以上、労働契約上の職務を全うする義務があります。移動時間も業務時間内ですから、このような時間の使い方は、職務責任を果たしていないことになります。ゲームと同様に、私用メールや業務以外の趣味の調べものなどもNGです。

 会社支給のツールはあくまで仕事の目的達成のために利用します。ルールを守って正しく使いましょう。

岩淺 こまき(いわあさ こまき)
グローバル ナレッジ ネットワーク 人材教育コンサルタント
1997年、システム販売会社に就職し、営業・技術支援および導入企業向けの研修を担当。その後、人材紹介会社での中途入社社員向けビジネスマナー/IT研修、メーカーでの販売促進セミナーの企画・運営業務を経て、2007年より現職。ビジネスマナー、プレゼンテーション、コミュニケーションなどヒューマン・スキル研修の実施に当たっている。