PR

 要求を満たすシステムを構築するのは難しいが、もっと難しいのはシステムに改良を加えつつ安定的に動作させることだ。この難題に対して、これまでは無策すぎた。開発と運用のスキルセットは大きく異なるので担当者を分けるのは理にかなっている。だが、組織を分けるとそこに「壁」ができてしまうものだ。壁を取り払い「Dev(開発)とOps(運用)が協力して難題に立ち向かおう」―。そう訴えているのが「DevOps」である。すべてのITエンジニアが目指すものではないだろうか。

 本特集はエンジニアの本音を聞いたうえで、難題に取り組んだ現場の軌跡、お勧めする実践法、ネット企業の取り組み、PMやアーキテクトの提言など、さまざまな視点を取り上げた。あなたの現場に役立つヒントを見つけてほしい。