PR

 Guacamoleは、リモートデスクトップ接続の環境をWebブラウザーで利用可能にするサーバー用ソフト。「HTML5」対応のWebブラウザーがあれば、パソコンやタブレットなど機種を問わずにアクセスできる。

 リモートデスクトップ接続を使うには、サーバーとなるPCに「サーバーソフト」をインストールし、端末側に専用の「クライアントソフト」をインストールする必要がある。例えばUbuntu 12.04の場合、サーバーソフトとして「vino-server」、クライアントソフトとして「Remmina」が標準インストールされている。

写真1●Guacamoleを使うとWebブラウザーからリモートデスクトップ接続できる。写真はiPadからアクセスしているところ
写真1●Guacamoleを使うとWebブラウザーからリモートデスクトップ接続できる。写真はiPadからアクセスしているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 Guacamoleを使うと、クライアントソフトとして「HTML5に対応したWebブラウザー」を利用できる(写真1)。Guacamoleそのものは、Webサーバー上で動作するJavaアプリケーション(Javaサーブレット)。クライアントソフトとして振る舞いつつ、デスクトップ環境の描画、マウスやキーボードの操作などをHTML化して中継する。

 構築に当たっては少なくとも3台のPCが必要だ(図1)。すべてを仮想マシンで用意してもよいが、編集部でテストしたところレスポンスの低下が著しかった。リモートデスクトップ接続する端末だけは、実機で用意した方がよい。手元にタブレットやスマートフォンがあれば、それを使う手もある。

図1●今回構築するシステムの全体構成
図1●今回構築するシステムの全体構成
[画像のクリックで拡大表示]

 VNCサーバーソフトについては、動作報告の多い「vnc4server」を使う。Ubuntu 12.04ではvino-serverが標準でインストール済みだが、編集部でテストしたところ正常に動作しなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い