PR
写真●「インデックスのオプション」の画面。インデックスサービスの設定はここでできる
写真●「インデックスのオプション」の画面。インデックスサービスの設定はここでできる
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 8に限った話ではないが、OSではアプリを明示的に使っていなくても、その背後ではいろいろなサービスが稼働していて、それが、日常的なOSの利用を快適なものにしている。Windows 8のサービスでは、プロセッサパワーを食うことでよくやり玉に挙げられるのがインデックスサービスで、ファイルの検索に使うための索引作りを続けている。SkyDriveのファイル同期なども同様で、アイドル時を見計らって、更新されたファイルをクラウド上のファイルと同期している。

 ノートPCでWindows 8を運用する場合、使っていないからといって、パソコンをシャットダウンしたり、スリープさせたりさせてしまうと、当然、これらのサービスも働かなくなってしまい、作業が行われなくなってしまう。

 それでは困るので、自宅に戻り、翌日の出動に備えてパソコンを充電中は、個人的には電気代がもったいないとは思いながらも、電源を入れっぱなしにしてサービスの作業が継続するようにしている。そうしておかないと、出先で不便をするのが分かりきっているからだ。

インテルの新プロセッサがあれば……でも課題は多岐にわたる

 もうすぐ、インテルの新プロセッサHaswellが出てきて、Windowsはスリープ時にも通信を継続するのが当たり前の環境になる。いわゆるConnected Standbyだ(関連記事)。

 それはそれで便利なのだが、各種サービスがConnected Standbyに対応しない限り、Windowsの主要サービスは停止してしまうので、つながって通信は継続しているのに、準備が不完全という状況を生み出してしまう。特に、タブレットパソコンは、ノートパソコンのように、液晶ディスプレイを閉じてもスリープしないといった設定が無意味なので、使っていないときもACアダプタがつながっていれば、電源が入ったまま稼働し続けるように電源オプションを見直す必要がある。

 その上で、使わないときにはWindowsをロックするのだが、キーボードがあればWindows+Lで、すぐにロックできるのに、タブレットでは簡単にそれができない。スタートスクリーンの右上のアカウントアイコンをタップして、ロックというめんどうな手順が必要だ。こういう点を見ていても、使いやすい環境が整うまでには、まだまだ時間が必要なのだなと思う。

山田 祥平(やまだ しょうへい)
フリーランスライター
1980年代、NEC PC-9800シリーズ全盛のころからパーソナルコンピューティング関連について積極的に各紙誌に寄稿。Twitterアカウントは @syohei