PR

Google Maps Android API v2を開発環境に取り込む

 先に述べた通り、Google Maps Android API v2を使うには別途インストールする必要があります。以下では、前回紹介した開発環境にGoogle Maps Android API v2をインストールする方法を具体的に説明します。

Google Play servicesをインストールする

 Eclipse の「ウィンドウ(W)」メニューから、Android SDK マネージャーを開きます。Google Play services にチェックを付けて、Installボタンをクリックします(図1)。

 次の画面で、「Google Play services」を選んでからAcceptにチェックを付けて、Installボタンをクリックするとインストールが始まります。これでAndroid SDK をインストールしたフォルダの下、/extras/google/google_play_services/libproject/にgoogle-play-services_lib というフォルダが作成されます。

図1●Google Play servicesにチェックを付ける
図1●Google Play servicesにチェックを付ける
[画像のクリックで拡大表示]

ライブラリプロジェクトを作成する

 ダウンロードしたgoogle-play-services_lib からライブラリプロジェクトを作成します。「ファイル(F)」→「新規(N)」→「プロジェクト(R)」を選びます。ライブラリプロジェクトといっても、作成方法は通常のAndroidプロジェクトと変わりありません。

 「既存コードからのAndroid プロジェクト」を選び、「次へ(N)」をクリックします。そして、ルート・ディレクトリーの参照ボタンをクリックして、google-play-services_libフォルダを選びます(図2)。

 「完了(F)」ボタンをクリックすると、ライブラリプロジェクトが作成されます。

図2●Google Play servicesをダウンロードしたフォルダを選ぶ
図2●Google Play servicesをダウンロードしたフォルダを選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 このようにしてGoogle Maps Android API v2を開発環境にインストールしておけば、通常のアプリ作成と同様にGoogleマップを使ったアプリを開発できます。ただ、Google Maps Android APIをアプリから利用するには、プロジェクトごとにAPIキーが必要になります。その具体的な方法については、拙著『 はじめてのAndroidアプリ作成センサー活用とクラウド連携』を参照ください。