PR

個々の問題それぞれの関係や影響が見えてきた

 180日実践塾で作成した問題特定のための「因果関係図」を紹介する。

180日実践塾で作成した問題特定のための「因果関係図」
180日実践塾で作成した問題特定のための「因果関係図」
[画像のクリックで拡大表示]

 この因果関係図は、私たちのチームが抱えている問題の関係性を把握するのに役立った。散見される問題を一枚の図に表して「どの問題が別のどの問題に影響を与えているか」を矢印で結んでいくと、特に影響力の強い問題が見えてきたのである。

 例えば「サービスリーダーに業務が集中している」という問題は、直接的にも間接的にも「シフトメンバーのスキル不足」というもう一つの大きな問題に影響を与えていることが見えてきた。サービスリーダーとは、主に経験豊富なベテランメンバーのことを指す。シフトメンバーとは主に中堅および若手メンバーのことを指している。

 この図の作成を通じて、総じて「中堅・若手メンバーを活用できていない」というのが中核の問題であることが分かった。