PR

 トヨタ自動車は2013年5月30日、自動車情報サイト「GAZOO.com」を全面刷新する。従来はオンプレミス環境で運営していたが、日本マイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Windows Azure」を活用した運用に切り替える。トヨタは、サイト運営コストの削減が今回の刷新の目的とするが、もう一つ大きな狙いがある。ユーザーのアクセス状況などビッグデータの分析である。

 GAZOO.comは、トヨタ車に限定せず「クルマファンを増やす」ことを目的にしたポータルサイトで、国内外の全メーカーの新車情報や全国のドライブ情報、中古車情報などを提供している。現在は月間165万人の訪問者があり、1年後の2014年春までに月間200万人に引き上げることを目指す。

 今回の刷新では、仮想化されたサーバーOSをクラウド上で実行する「Windows Azure 仮想マシン」を使用する。その上でコンテンツ管理機能やソーシャルメディア機能などを備えた「SharePoint Server 2013」を稼働させ、コンテンツやユーザー投稿などを一元的に管理する。「コンテンツの管理コストは従来から半減する」(トヨタ自動車e-TOYOTA部の山田博之部長)見通しだ。

 さらにトヨタは、ユーザーのコンテンツへのアクセス状況など、いわゆる行動履歴の本格分析に乗り出す。GAZOO.comの刷新に併せ、会員制度をトヨタ車の情報サイト「TOYOTA.jp」と統合する。スマートフォン用アプリを提供したり、カーナビから利用可能にしたりする予定もある。これにより、サイトやデバイスを横断した行動履歴を分析できるようになる。

 「クルマ好きやトヨタファンがどれくらい増えたかなどを分析したい」と山田部長は語る。

 日本マイクロソフトは、トヨタの取り組みに全面協力する。「ビッグデータ分析などに関する我々の技術や知見を提供していきたい」と日本マイクロソフトの小原琢哉 執行役常務エンタープライズビジネス担当は話す。インドでオフショア開発要員20人をアサインするなど、米マイクロソフトも含め全面的な支援体制を構築した()。世界最大の自動車メーカーでの実績が他の顧客に大きなアピールになるからだ。

図●トヨタ自動車の自動車情報サイト「GAZOO.com」の全面刷新におけるマイクロソフトの協力体制
図●トヨタ自動車の自動車情報サイト「GAZOO.com」の全面刷新におけるマイクロソフトの協力体制
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタと米マイクロソフトは11年4月に、トヨタの次世代の自動車向け情報提供サービスの基盤構築で提携するなど、協力関係を深めている。今回の協力はその一環である。