PR

 ユーザーが必要とする機能が実装できて、求められる性能や可用性が得られるなら、アプリケーション開発言語など何でもいい。そう思う読者がいるかもしれない。しかし、開発言語選びは重要である。

 大規模システムを作るなら大勢のプログラマが必要になる。メジャーな言語でなければプログラマを集めるのに苦労する。複数言語を使って開発していると、プログラム間の連携に苦慮するかもしない。

 最近ではアプリケーション開発にフレームワークを利用することが多い。開発生産性や処理性能などはフレームワークに大きく左右される。フレームワークで利用できる言語は決まっているので、言語を選ぶということは、フレームワークの選択肢を狭めるという側面もある。

 これからのアプリケーション開発言語として何を選ぶべきか。さまざまな言語が候補に挙がるはずだ。そこに加えておきたいのがJavaScriptである。

1リクエストを0.2Mバイトで処理

 JavaScriptはアプリケーション開発言語としての利用価値が高くなってきている。使いたくなる理由は、主に二つある(図1)。

図1●JavaScriptを使いたくなる理由
図1●JavaScriptを使いたくなる理由
[画像のクリックで拡大表示]

 一つは「言語スキルはJavaScriptだけでよい」といえるからだ。これまでは、アプリケーション開発言語を適材適所で使い分けることが多かった。適材適所といえば聞こえはいいが、それだけ多くの開発言語を習得しなければならないということだ。この負担がJavaScriptではなくなる。

 もう一つの理由は「JavaScript対応ミドルウエアを使うと、サーバーリソースを抑えられる」ことだ。これはJavaScriptをサポートするサーバーサイドのミドルウエア「node.js」を使うことで得られるメリットである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い