PR


 グローバル化が求められ、異分野の企業が競合したり合従連衡をする中、企業はまったく新しいビジネスモデルを持った新興企業と戦わなくてはいけなくなった。この「大競争時代」では、システム開発も大きく変容を迫られている。

 絶えず変化をするニーズに対応するため、システムのフィードバックサイクルを速める手法と、さまざまな開発工程に自動化技術を取り入れる動きが始まった。

 こうした動きを可能にしたのが、システム技術や基盤の高度化であり、性能向上である。企業システムで動作するソフトウエア生産技術は「変化する要求への対応」と「開発速度と品質の両立」という2つの軸で、革命ともいうべき大きな変革の過程にある。

 ソフトウエア生産現場の今を、システムインテグレーター最大手NTTデータの技術開発本部の専門メンバーが解説する。

目次