PR

 現地時間2013年6月10日に開幕した、米Apple主催の世界開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)2013」。今年のWWDCでも、様々な新製品や新サービスが明らかになった(関連記事:WWDC 2013で「iOS 7」を発表、噂の音楽サービスは「iTunes Radio」)。

シンプルなデザインが特徴の「iOS 7」

新しいデザインの「iOS 7」
新しいデザインの「iOS 7」
[画像のクリックで拡大表示]

 まずiPhone/iPad関連では、次期iOS「iOS 7」が発表された。iOS 7は、初代iPhone発売以来ずっと守り続けてきたデザインコンセプトやユーザーインタフェース(UI)を初めて大幅に変更したAppleの戦略的なOS。“フラットデザイン”と呼ぶアイコンなどの立体感を抑えたシンプルなデザインとなり、画面イメージが一変した。

 また機能面では、ホーム画面やアプリの利用に画面を下から上にスワイプすることで呼び出せる「コントロールセンター」を新たに設けた。無線LANやBluetoothのON/OFF、画面の明るさ設定など、これまでいちいち「設定」アイコンをタップして呼び出さなければならなかった設定変更画面にすぐにアクセスできるようになる。Androidでは既に一般的になっている使い方であり、ユーザーにとっては待望の新機能と言えそうだ。

 iOS 7は、発表と同時にiPhone用ベータ版を開発者に公開。最終版は今秋の提供を予定している(関連記事:設定の手間も大幅軽減!iPhoneの使い勝手を“劇的”に変えるiOS 7 )。

音楽ストリーミング「iTunes Radio」発表

 新サービスとしては、広告付きで無料の音楽ストリーミングサービス「iTunes Radio」を発表した。iPhoneやiPad、iPod touch、パソコン、Apple TVで利用できる。ただし当初提供するのは米国内のみで、日本での提供時期は未定だ。

 同サービスの投入は、WWDCの開幕前から各種メディアがさかんに報じていた。ただし、サービス名称は報道で言われていた「iRadio」ではなく「iTunes Radio」となった(関連記事:Apple、「iTunes Radio」を発表、米国で2013年秋に開始 )。

“ネコ科の動物名”ではない新しいOS Xが登場

 昨年のWWDCの目玉が「iOS 6」と「OS X Mountain Lion」の発表であったのと同様、今年のWWDCでもiOS 7とともにMacintoshの次期OSが発表された。「OS X Mavericks」である。

 従来のOS Xは、“Mountain Lion”のように「ネコ科の動物名」のニックネームが付けられていた。一方、今回の“Mavericks”はカリフォルニアの地名だ。今後発表される新バージョンも、カリフォルニアにある地名を付けていくとしている。

 ニックネームを変えたのは、OSの中身が大きく進化したことを表したかったからかもしれない。iOS 7とは違い、デザイン面での変化はほとんどないものの、OS X Mavericksでは、ファイル操作や検索などの使い勝手、セキュリティ機能、iPhoneやiPadとの連携機能など様々な点を強化した。

 一般向けリリースは今秋となる予定だ(関連記事:10年先を見据えた新OS X、iPhoneやSNSとの連携もより便利に)。