PR

 WindowsXPのサポート終了が2014年4月に迫るなか、組み込み系や特殊な情報端末を扱うエンベデッド市場にも新たなビジネスチャンスへの期待が出てきた。オフィスや家庭用以外に、製造や流通、医療、広告といった様々な分野の情報システムで、WindowsXPを搭載した多くの機器が稼働しているからだ。

 エンベデッド市場はオフィスや家庭向けとは違い、既存システムとの関係でWindowsXPを継続して使いたいというユーザー企業が少なくない。Windows7やWindows8などに置き換えるとしても、予算などすぐに進まないケースもあるため、移行までの期間をどうすべきか模索しているユーザー企業もある。こうした要望にどう応えるか、新たなサービスを打ち出しているITベンダー各社の動きを追った。