PR

会社が面白くなくなるメカニズム

 「イノベーションの重要性を声高に叫んでいるのに、なぜ起こせないのか」「面白い仕事をやりたいのに、どうしてできないのか」。経営者や会社員が抱きがちなこうした疑問に、「企業は老化していく」という仮説を基に答えたのが本書だ。

 筆者は、20年以上にわたって国内外の会社勤務を経験。経営コンサルタントとして組織を客観視してきた結果も踏まえて、企業老化のメカニズムを解説。そのうえで示される、組織の細分化、コミュニケーションコストの増大などの老化現象には納得させられる。老化を踏まえてイノベーションを生む対策を、組織と個人についてそれぞれ示されているのも参考になる。

会社の老化は止められない


会社の老化は止められない
細谷 功 著
亜紀書房発行
1575円(税込)


■同じ著者のほかの記事も読む