PR

 7月中旬に開催したパートナー企業向けカンファレンス「Microsoft Worldwide Partners Conference 2013」で、クラウドサービス関連の最新情報やWindows Azureの新機能などを発表しました。一方、日本国外のデータセンターで提供されているクラウドサービスを利用する際の解釈が公開され、許可申請の要否が明確になりました。

Active Directoryの機能拡張、SQL DBのプレミアム版を公開

 全世界のマイクロソフトパートナー企業に向けたカンファレンス「Microsoft Worldwide Partners Conference 2013」を米ヒューストンで2013年7月7~11日(現地時間)で開催しました。マイクロソフトの“Cloud First”のソリューションを展開するためのクラウドサービス関連の最新情報などを発表し、Windows Azureの新機能なども発表しました。

Windows Azure Active Directory Application Access Enhancementsプレビュー公開

[画像のクリックで拡大表示]
 Windows Azure Active Directoryをサードパーティのクラウドサービスから利用して、シングルサインオンを実現する取り組みを「Build 2013」で、デモしていました。このたび同機能を「Windows Azure Active Directory Application Access Enhancements」と呼ぶ名称でプレビュー公開し、75種類のクラウドサービスから利用できるようにしました。

Windows Azure SQL Databaseプレミアム版の提供をアナウンス
 占有のサーバー領域でWindows Azure SQL Database(SQL DB)を稼働させる「Premium」と呼ぶサービスを発表し、より強力で可用性の高いデータベースサービスを提供します。こちらは間もなく招待制プレビューで利用できるようになります。

Power BI for Office 365公開

[画像のクリックで拡大表示]
 Office 2013のアドオンとしてプレビュー公開してきた“Data Explorer”と”GeoFlow”を含むBI(Business Intelligence)機能がクラウドベースのOffice365で利用できるようになります。Excelからさまざまなデータにアクセスして分析する「Power Query」(コードネーム“Data Explorer”)は、Windows Azure HDInsight のHadoopクラスターにも接続できます。
 Power Map(コードネーム“GeoFlow”)により、データを地図上にマッピングして2D/3D(2次元/3次元)表示することが容易にできます。

Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2のプレビュー公開
 R2プレビュー版の公開に併せて、Windows Azure仮想マシンでも、Windows Server 2012 R2 Preview のイメージを用意しており、すぐに試用や検証ができるようなっています。
 WPC2013では、プライベートおよびハイブリッドクラウドのソリューションを推進するための「Cloud OS Accrelerate Program」がマイクロソフトと主要パートナーにより発足したことや、Windows Intuneの30%値下げも発表しています。

●関連情報
[Partners in the cloud for modern business](The Official Microsoft Blog)
[Announcing Power BI for Office 365](Office News Blog)
[Microsoft Worldwide Partners Conference 2013 Web サイト]