機能や品質にこだわるあまり、海外では通用しない─。日本発のIT製品は総じて、「ガラパゴス」と揶揄されることが多い。だが、海外で売れているソフトウエアやITサービスは確実に存在する。成功事例を探ると、海外で売り抜くための「勝利の方程式」が見えてきた。

 突破口はアジアだ。日本が先進国として成長・成熟する過程で蓄積してきた課題解決の技術と経験が、今まさに必要とされている。日本のソフトやサービスは海外で十分に通用すると断言する。その証拠を今回から特集連載「日の丸IT、アジアから世界へ」として示そう。