PR

 シスメックスは血液検査など「検体検査」と呼ばれる分析装置を手がけ、血球分析装置では世界シェアが4割に達する優良企業である。2013年3月期の連結売上高は1456億円で、営業利益率は15.0%。世界170カ国以上に製品とサービスを提供し、海外売上比率は72.4%。上場以来、13期連続の増収および12期連続の増益を続けている。

 この好業績を「SNCS(シスメックス・ネットワーク・コミュニケーション・システム)」という情報システムが支える。SNCSは、顧客が持つ同社の分析装置をネットワーク経由で遠隔管理する仕組みの総称である。専用回線を通じてシスメックスのサポートセンターとつながる(図1)。

図1●顧客の医療機器を遠隔管理するSNCSの仕組み
図1●顧客の医療機器を遠隔管理するSNCSの仕組み
インターネット経由で装置の稼働状況を常時監視し、予防保守を実施する。異常を察知した場合は、最寄りのエンジニアを派遣するなど迅速な手を打つ
[画像のクリックで拡大表示]

 コマツの建設機械向けシステムである「KOMTRAX(コムトラックス)」の医療機器版ともいえる仕組みだ。装置の分析精度を遠隔で管理したり、故障の予兆を捉えて故障前に部品交換を実施したりと、緻密な顧客サポートを実現するためのIT基盤となっている。

 SNCSを1999年に始めたきっかけは分析装置の精度管理だったという。「精度管理のためにどうしてもオンラインのデータ収集手段が必要だった。その後、遠隔サポートや稼働状況のモニター、故障予知といった機能を肉付けしていった」(藤本敬二執行役員)。

 SNCSの稼働前は、分析装置の精度を管理するために、専用の試薬を顧客に送付し、結果を郵送で送ってもらい集計していた。「このデータを全国規模で集計するのに2~3カ月を要していた」(藤本執行役員)。SNCSを開始して以降は、このデータをリアルタイムで収集できるようになった。