ビッグデータやデータサイエンティストはよく聞く言葉だが、少し難しそう。でもそんなことはない。

 日常生活でよく使う携帯電話や自動販売機、ワインバーの運営も、実はデータ分析で効率を高めている。根底にあるのは顧客の快適さや安心感を高めること。「つながりにくい」とか「品切れ」をなくすために、細かく分析して対策を練る。

 大切なのは「何のための分析か」という目標を決め、分析の精度を上げること。そのうえで仕事の現場に落とし込んでいく。「分析して終わり」ではない。成果を出す5社の取り組みからその極意を探る(関連記事:最もセクシーな職業に就くには)。

(記事は日経情報ストラテジーに初出時のものです。肩書などは取材時点のものです)