PR

 テレビの未来が大きく変わろうとしている。Googleは、2013年7月24日、記者会見でChromecastを発表した。Chromecastとは、Google TVをスティック状に実装したもので、テレビ端子に差し込むだけで、スマート・テレビとして機能する。手軽に使えるだけでなく、ここにはGoogleが描く、次世代テレビの姿が隠されている。

[画像のクリックで拡大表示]

スマートフォンやタブレットの出力をテレビに

 Chromecastは、Google Playで35ドルで販売されており、早速購入し、使い始めた。ChromecastはUSBメモリ・スティックを一回り大きくした形状で、インターフェイスはHDMIである。上の写真はChromecastをテレビのHDMI端子に差し込んで使用している様子である。Chromecastへの電力は、USB端子から供給する。Chromecastを使うと、スマートフォンやタブレットで、アプリの出力をテレビにすることができる。YouTube、Netflix、Google Play Movies & TVアプリを起動して、テレビでビデオや映画を見ることができる。Chromecastを使う際に、スマートフォンやタブレットに、Chromecastアプリをインストールして初期設定を行う。アプリを起動すると、Chromecastデバイスを認識し、WiFiなどの設定を行うだけですぐに使える。

[画像のクリックで拡大表示]