著者である、イマージェンス シニアコンサルタント兼ジョイ・アンド・バリュー代表取締役の大江功次氏が数年前から普及に携わっている新発想法「アニマル・シンキング」を紹介する。アニマル・シンキングは53匹の「アニマル・カード」を使い、ぶっ飛んだ発想を形にできるよう、ロジカル・ラテラルの長所を兼ね備えた発想の手法である。

 イスラエルで開発され、様々な視点からの発想を可能にすることで、創造的な課題解決を目指す。大手企業を中心に、幅広い業種や職種で採用されている。

 この特集では、アニマル・シンキングの特徴や、ビジネスでどう使うべきかについて解説していく。