PR

 今、ネットワークの世界で最注目のキーワードである「SDN」(Software Defined Networking)。ベンダー各社からは、SDNの名を冠した製品が続々と登場しているものの、ビジネスとしてはまだ立ち上げ期を脱していない。ベンダーが高々とした理想を語る一方、ユーザーはまだSDNの真価を測りかねているからだ。その一方で、SDNを先行導入している企業や機関の現場に密着すると、実際に触れたからこそ分かるSDNの“等身大”の姿も見え始めている。SDNを、理想から現実に引き戻して考える時期がようやく訪れている。本特集では、そんなユーザー視点から見えてきた現時点でのSDNのメリット、課題に迫る。