PR

swapon

スワップ領域を有効にする(8)

構文

swapon -a [-e] [-v] [-f]
swapon [-p priority] [-v] [-f] ファイル
swapon -[s|h|V]

オプション

-a, --all /etc/fstabファイルでスワップとして指定されているデバイスをすべて有効にする(ただしnoautoオプション付きのものは除く)
-e, --ifexists デバイスが存在しなければスキップする
-v, --verbose 詳細な情報を表示する
-f, --fixpgsz 現在のカーネルとページサイズが異なる場合は再初期化する
-p priority スワップの優先度をpriorityとして指定する(大きい数値ほど優先度が高い)
-L label パーティションをラベルで指定する
-U uuid パーティションをUUIDで指定する
-s, --summary スワップの使用状況をデバイスごとに表示する
-h, --help ヘルプを表示する
-V, --version バージョンを表示する

説明

デバイスやファイルに用意されたスワップ領域を有効にする。またはスワップ領域の利用状況を表示する。スワップ領域はmkswapコマンドであらかじめ作成しておく。

使用例

/dev/sda5のスワップ領域を有効にする。

# swapon /dev/sda5

スワップ領域の利用状況を表示する。

$ swapon -s
Filename            Type            Size    Used    Priority
/dev/sda5           partition       2097144 1100    -1

関連事項

swapoff、 mkswap