PR

 米マイクロソフトはAT&Tと、仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用したWindows Azureへの接続で戦略的提携を発表しました。ユーザーは高速なMPLSサービスによる、信頼性の高いVPNを利用できるようになります。さらにMSDNサブスクリプションのWindows Azureクレジット特典対象を拡大しました。

AT&TとマイクロソフトがWindows AzureへのVPN接続で戦略的提携

[画像のクリックで拡大表示]

 2013年9月18日、米AT&Tとマイクロソフト米国本社は、仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用したWindows Azureへの接続で戦略的提携を発表しました。

 Windows Azureではオンプレミスとクラウドを仮想プライベートネットワーク(VPN)で接続するサービスとして、Windows Azure仮想ネットワークを提供しています。それに加えて今回の提携により、AT&TのVPNサービスを支える高速なMPLS(Multiprotocol Label Switching)サービスを利用して、エンタープライズレベルのセキュリティ品質およびパフォーマンスを満たす、信頼性の高い仮想プライベートネットワークを利用できようになります。

 既存のMPLS VPNを使い、社内のデータセンター(プライベートクラウド環境)とWindows Azureを接続することで、インターネット接続よりもネットワーク遅延を50%低減した、より高速なデータ転送が可能になります。

●関連情報
AT&T and Microsoft to bring enterprise-grade security, speed and reliability to cloud for businesses](Microsoft News Center)
More options to integrate on-premises networks and Windows Azure with AT&T](Windows Azure Team Blog)

MSDNサブスクリプションのAzureクレジット特典対象を拡大

[画像のクリックで拡大表示]

 追加費用なしで利用できるWindows Azureクレジットが付与されるMSDNサブスクリプションの種類を拡大しました。これまでVisual Studio Ultimate / Premium / Professional with MSDNを使っていた場合、月々無料で利用できるWindows Azureクレジットが含まれていました。9月3日から、Visual Studio Test Professional with MSDNおよびMSDN Platforms(Visual Studioなし)でもWindows Azureクレジットを含むようになりました。

 Windows Azureクレジットを含むMSDNサブスクリプションを持っていて、今回初めてWindows Azureクレジットを有効化される企業の場合、さらに1万7000円のクレジットが最初の月に追加されるという特典が付いています。

 MSDNサブスクリプションを持つ企業には、このWindows Azureクレジットの上限を超える場合でも利用料金が割引となります。Windows Azure仮想マシンは33%、クラウドサービスやWebサイト(占有)、HDInsightは25%の割引となります。

●関連情報
MSDN サブスクライバー向けの Windows Azure の特典](windowsazure.com)
SDN サブスクリプション(Visual Studio Professional / Premium / Ultimate, Visual Studio Test Professional)詳細、比較
MSDN Platforms 詳細
Expanding Windows Azure MSDN Benefit](Brian Harry's Blog)