PR

 人気のネットワーク解説シリーズ「マスタリングTCP/IP」のOpenFlow版。現時点では、日本語によるOpenFlow仕様の最も詳しい解説書といえよう。OpenFlowに関わる人は手元に置いておくことを薦める。

 大きな特徴は、OpenFlowの仕様について、1.0、1.1、1.2、1.3のバージョンごとに分けて説明している点だ。OpenFlowの設計思想の基本が盛り込まれている1.0をベースに、1.1、1.2、1.3のそれぞれに1章ずつを割り当て変更点を解説する。変更が加えられた背景を把握できるようにしたという。

 このほか、OpenFlowの仕様には含まれていないが、トポロジー検出などで重要な役割を果たすLLDPについて詳しく説明していることも本書の特徴だろう。また、「OpenFlowの留意事項」として1章を割いてOpenFlowの“クセ”をまとめており、OpenFlow関連の開発や運用に携わる人に便利なように工夫されている。

マスタリングTCP/IP OpenFlow編


マスタリングTCP/IP OpenFlow編
あきみち/宮永 直樹/岩田 淳 著
オーム社発行
2940円(税込)


■関連した記事を読む