PR

 Samsungを筆頭に各社からスマートウォッチが出荷され、市場は急速にウェアラブルに向っている。しかし、スマートウィッチは消費者の心を開くコードを見出せなく、市場から厳しい評価を受けている。この市場では、ベンチャー企業から斬新なウェアラブルが登場している。Toronto (カナダ) に拠点を置くBionymは、リストバンド型のスマートキー「Nymi」を公開した (下の写真、出展はいずれもBionym)。Nymiは利用者の心臓の鼓動で本人確認を行い、パソコンの前に座るだけで、システムにログインでき、オンライン・ショッピングの決済が完了する。

ECGシグナルで本人を特定

 Nymiはリストバンドにセンサーを実装した形状のスマートキーで、これを時計のように手首に着装して利用する。Nymiのセンサーが利用者のECG (Electrocardiography、心電図) を読み取り、本人であることを確認する。利用者は、Nymiを着装する時に、反対側の指でNymi表面の金属プレート (上の写真の楕円形の部分) にタッチする。Nymi底部にもセンサーがあり、腕に接触し、回路が形成され、ECGを計測する。このECGをバイオ・シグナルとし、本人を特定する。病院で使われるECGは手や足や胸など複数個所に電極を張り付けるが、Nymiは二点で測定できる点に特徴がある。