PR


 ビッグデータを活用しないと近い将来、競合他社との競争に負けてしまうのではないか、と危機感を持つ経営者が増えている。実際に、実績を上げる企業も増えている。ITリサーチ会社のIDC Japanが「第3のプラットフォーム」として4つの領域を定義したが、ビッグデータはその中の1つ(他は、クラウド、モビリティ、ソーシャル技術)。ITベンダーにも、企業からビッグデータ活用のシステム提案を求められるケースが増えているという。
 
 景気浮揚の好機を捉え、日本企業を変革し競争力を強化、世界と戦うには戦略的なビッグデータ活用が欠かせない。ビッグデータを解析して、企業にとって有用な結果を導く職業はデータサイエンティストと呼ばれるが、彼らにも注目が集まっている。