PR

 先日、「DevOps」に関する特設サイトをオープンした。DevOpsとは、短いサイクルでシステムの開発とリリースを繰り返す手法である。DevOpsの詳しい解説は、以下の記事をご覧いただきたい。

 そもそもDevOpsは、アジャイルやリーンスタートアップなど、アプリケーションの開発・保守の分野で語られることが多い。つまり、カイゼン型開発の実践だ。

 ところが、筆者はこうしたカイゼン型開発を「狭義のDevOps」と捉えている。

インフラの構築・運用も一体化

 どういうことか。システム開発・運用を手掛けるある専門家はこう説明する。「これから求められるのはインフラの構築・運用の一体化・連携である。アプリケーションの開発・保守を一体化しただけでは効果が限定的だ」。現在インフラ構築と運用は体制上、切り離されている組織が多い。これをアプリケーションの開発・保守と同様に一体化したのが、広義の意味でのDevOpsなのである。

 日本IBMなど、この動きに対応し始めた企業もある。これまで開発と運用に分かれていた組織を、アプリケーション開発・保守と、インフラ構築・運用に役割変更したのだ。迅速かつ柔軟なサービス提供の実現が、役割変更の最大の目的である。

 日本IBMでインフラを担当するあるITアーキテクトは「それぞれ開発から運用・保守まで一気通貫で担う。また担当者が目指すのは、それぞれ業務のITアーキテクトと、インフラのITアーキテクト。DevOpsはこうした役割の変革を促している」と話す。

 ユーザー企業でも同様の動きが広がっている。富士フイルムグループやリクルートグループの運用部門は既に、インフラの構築・運用・保守部門である。アプリケーション保守は運用部門の領域ではなく、業務部門に近い開発部門の役割だ。ユーザー企業のこうした取り組みや方向性を紹介したのが以下の記事である。

 開発部門と運用部門からアプリケーション部門とインフラ部門へ――。このように体制を見直すと、今度はアプリケーション/インフラ部門間に溝が生じる恐れがある。

 例えばアプリケーション開発にさまざまな制約を与えるクラウドがその一例である。現在の開発プロジェクトでは、要件定義の段階で機能要件の実装に影響を与えるクラウドの制約を考慮しなければならない。

 DevOpsは現在、開発と運用の一体化・連携というテーマを掲げている。しかし今後は、アプリケーションとインフラの一体化・連携が、大きなテーマになりそうだ。