PR
スタートボタンが復活したWindows 8.1
スタートボタンが復活したWindows 8.1
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows XPがリリースされたとき、マイクロソフトの日本法人、現在の日本マイクロソフトには、スタートボタンの角が丸いことへのクレームが殺到したという。さらには、Vistaでスタートボタンは丸くなってしまった。あのデザインでは、スクリーンの外側にボタンがはみ出しているように見えて、どうも座りが悪い。

 だが、これらのクレームは聞き入られることはなかった。マイクロソフトの担当者にきいたところ、その悪名高きXPのスタートボタンが、こんなに長く使われ続けるというのは、どうにも複雑な心境だということだった。

 ユーザーの目に見える部分の変更は、グラフィカルなユーザーインタフェースをもつOSにとってそのくらい重要なことだ。Windows 8.1では、Windows 8でいったん消えてしまったスタートボタンが復活している。しかもそのボタンは四角形だ。丸みがとれたわけで、今、ようやく願いが届いたことになる。ただ、かつてのスタートボタンとは役割が違う。いってみれば、フルスクリーンのスタートメニューともいえるスタート画面への遷移がその役割だ。

調査結果では使われていないのに…

 マイクロソフトによれば、デスクトップへのショートカットアイコンの配置や、タスクバーへのピン留めによって、実は、スタートボタンはあまり使われていないという調査結果もあるそうだ。新しいスタートボタンの反響は、あまり芳しいものではなく、さっそく、これを非表示にしてしまうユーティリティまで登場しているようだ。

 いつの時代もユーザーはわがままなものである。それを管理していかなければならないシステム管理者は大変だ。

 それでも、Windows XPのサポート終了は容赦なくやってくる。似ているのに違うことには反発しても、大きく変われば気づきもある。本当は、こうしたユーザーの向上心は、もっと尊重されてもいいのではないだろうか。

 Windows XP終了まであと24週。

山田 祥平(やまだ しょうへい)
フリーランスライター
1980年代、NEC PC-9800シリーズ全盛のころからパーソナルコンピューティング関連について積極的に各紙誌に寄稿。Twitterアカウントは @syohei