PR

 元ソニーのCIO(最高情報責任者)で、現在ガートナー ジャパンのエグゼクティブパートナーを務める長谷島眞時氏は、システム部門の役割を拡大していく時期は、そこで働く人たちのスキルの幅を広げる絶好の機会だと説く。「変化に慣れる」ためにもジョブローテーションは欠かせないという。


 システム部門の役割を広げていく「拡大期」は、担当者やマネジャーが自分自身の仕事やスキルの幅を広げていく、またとないチャンスである。役割が広がれば、当然多様なスキルが求められるようになるし、マネジャーは担うべき仕事に対して部内の人材がそれを満たせる多様な状態になっているかを考えるようになるからだ。