PR

 日本マイクロソフトはサーバーOS「Windows Server 2012 R2」を10月18日にリリースした。2012年に登場したWindows Server 2012に対して、同社のクラウドサービス「Windows Azure」で培った技術などをフィードバックしたものだ。オンプレミスでも、クラウド環境でも、ユーザーの環境に合わせて利用できる“クラウドOS”である。R2で搭載した新技術とそのメリットについて、解説する。

目次