PR

 最近、日本でも「オープンデータ」の動きが加速しています。行政や公的機関などが業務で蓄積した情報・データが続々と、再利用しやすい形式で入手可能になっています。身近なデータでは、気象庁のWebサイトで過去何十年にもわたる各地点の気温や降水量、湿度や天気の情報をダウンロードできるようになっています。