PR

 最後に、暗号化に関する設定を見ていく。現在、無線LANの企業利用においては、無線LANセキュリティの規格としてWPA2を使うことが必須といえる。WPA2では、IEEE 802.1x/EAPあるいはPre-Shared-Key(事前共有鍵)により端末を認証する。IEEE 802.1x/EAPを用いる方法は「WPA2-E(Enterprise)」、Pre-Shared-Keyで代用する場合は「WPA2-P(Personal)」と呼ぶ。WPA2-EとWPA2-Pのそれぞれで、暗号化に使うアルゴリズムとしてTKIPまたはAESを使用できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料