PR

 スマートフォンやタブレット端末などの携帯電話端末を医療活動に利用する「モバイルヘルス」の注目が高まっている。ネットワークの高速化によって、レントゲン写真をはじめとした高精細で大容量の画像をやり取りできるようになり、医療情報の共有もクラウドサービスの進展で現実的となった。海外ではいち早く取り組みが始まっており、市場が急速に拡大している。