PR

 情報通信技術が加速度的に進化する社会に向け、センサー技術の在り方を討議する学会「TSensors Summit」が、10月23日から三日間、スタンフォード大学 (下の写真) で開催された。発起人はJanusz Bryzekで、Fairchild Semiconductorセンサー・ソリューション部門副社長である。学会には大学や企業から数百人が参加し、センサー技術とスマート・システムが議論された。

写真1