PR

 特集の第3回では、第2回に続いてETSIのNFV ISG(Network Functions Virtualisation Industry Specification Group)が2013年10月上旬に公開した公式文書から、ユースケースについて記述された文書(ETSI GS NFV 001 V1.1.1)をピックアップしよう。この文書からは、NFVによってこれまでの通信サービスがガラリと変化する可能性が見えてくる。例えば、これまで“箱売り”されていた企業のオンプレミス環境に設置するファイアウォールなどが、仮想化されて“通信サービス”として提供されるようになる、といった劇的な変化だ。