PR

 この連載でこれまでに紹介した「Google+」はメールや検索といったWeb上の行動とひも付きやすい性質があります。Facebookは実名登録を原則としており、リアルな人間関係をWeb上に再現するという性質があります。

 一方、Twitter(ツイッター)は日本では匿名で利用されることが多く、見知らぬ人とも興味・関心で“ゆるく”つながることができるソーシャルメディアになっています。Webならではのオープンなネットワークを気軽に楽しめるコミュニケーションツールとして人気があります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料